コラム|大森で歯科をお探しの方は【れいな歯科】まで

診療時間
9:30~13:00
15:00~18:30

:9:00~14:00
休診日:水曜/日曜/祝日

〒143-0016
東京都大田区大森北1-22-2
山王ビル2F

tel. 03-3765-2601
  • 電話
  • 地図
  • メニュー

女性のほうが歯周病にかかりやすい理由

皆さんこんにちは。
大田区大森駅近くの「れいな歯科」です。
 
男性より、女性のほうが歯周病にかかりやすいということをご存知ですか?
 
最近の研究で、女性ホルモンには特定の歯周病菌の増殖を促したり、歯周組織の炎症を悪化させたりする作用があることがわかっています。
 
女性ホルモンの分泌はライフステージによって変化します。
 
女性の場合、単に加齢によるものだけでなく、ホルモンバランスが大きく変化するために歯周病になりやすい時期が何度か訪れます。
 
 

女性ホルモンをつくり始める「思春期」

思春期になると、成長のためにホルモン量が変化します。
 
プロゲステロンやエストロゲンといったホルモンが増え続け、歯ぐきへの血流量が増えます。
 
その結果、新陳代謝が活発になり、プラークなどの刺激物への反応が高くなり、歯ぐきが腫れて破れやすくなるのです。
 
とくに月経のたびに歯ぐきが腫れやすくなるほか、試験勉強などでストレスがかかり、免疫力が低下して悪化することもあります。
 
 

女性ホルモンが活発になる「妊娠・出産」

妊娠すると女性ホルモンが大量に分泌され、歯ぐきが腫れやすくなります。
 
とくに妊婦さんに起こりやすい歯周病を「妊娠性歯肉炎」といいます。
 
妊娠中は、ホルモンバランスの変化やつわりで歯磨きが不十分になる、食生活の変化で唾液量が減って自浄作用が低下するなどの理由から、妊娠性歯肉炎のリスクが高まります。
 
妊娠性歯肉炎のほかにも、妊娠中は「妊娠性エプーリス」と呼ばれる良性の腫瘍が歯ぐきにできやすくなります。
 
妊娠性エプーリスは放っておいても出産後に自然になくなっていることが多いのですが、悪化すると歯ぐきや歯槽骨の切除が必要になることもあります。
 
 

女性ホルモンが影響する「更年期」

女性ホルモンのうち、エストロゲンは骨密度の低下を防ぐ働きをしています。
 
更年期に伴いエストロゲンが欠乏してくると、全身の骨密度の低下が進み、あごの骨の骨密度も低下します。
 
すると、歯を支えている歯槽骨がもろくなっていきます。
 
また、歯と歯ぐきの境目では炎症を起こす物質の分泌が盛んになり、歯周病を悪化させることになります。
 
更年期にはブラッシングなどの口の中のケアをいっそうていねいに行う必要があるのです。
 
ほかにも、更年期に女性ホルモンのバランスが乱れてくると、唾液の分泌が減って口が乾き、いわゆる「ドライマウス」が起こりやすくなるため、歯周病のリスクも高まるのです。
 
 

丁寧なケアで歯周病予防を

このような時期だけではなく、ふだんの月経周期でもホルモンバランスは変化するため、生理前に歯ぐきが腫れたりする人もいます。
 
こういった女性特有の歯周病のリスクを理解して、普段から適切なケアを心がけていきましょう。